5/5(土)-6(日)第7回全日本フリースタイルスケート選手権大会

|5/5(土)-6(日)第7回全日本フリースタイルスケート選手権大会

|5/5(土)-6(日)第7回全日本フリースタイルスケート選手権大会

大会概要

名称 第7回全日本フリースタイルスケート選手権大会
日程 平成30年5月5日(土)6日(日) 9:00 ~ 17:00
場所 可美総合センター体育館(静岡県浜松市)
主催 (一社)日本インラインスケート協会
主管 (一社)静岡県インラインスケート協会
後援 世界スラロームスケート協会、浜松市教育委員会
内容 クラシックスラロームとスピードスラローム、ペアスラロームの3種目
WSSA公認審判員によるジャッジ
2018年度世界選手権日本代表選手派遣選考対象大会
スポーツ振興基金助成事業

WSSA公認大会(ワールドポイント加点対象大会)
http://www.wssaskating.com/event.aspx
タイムスケジュール 5日(土)
11:00~    受付開始(受付後、16:30まで練習可能)
12:00~    ルール説明
13:00~14:30  ペアクラシックスラローム
14:30~16:30  バトルスラローム
16:30~    撤収
~17:30    解散

6日(日)
9:00~     受付開始
9:30~9:50   開会式
10:00~10:50 スピードスラローム予選
11:00~12:00 スピードスラローム決勝
12:30~15:00 クラシックスラローム
15:30~    表彰式、閉会式
~17:30    解散
エントリー期間 4月18日(水)~4月23日(月)
当日受付はございません。
参加費 参加費 1人¥4,000
※3種目にエントリーでも同じ金額です。
※4月24日(火)までにお振り込みください。
集合 当日受付にてビブスを受け取り、右ももに装着し9:30からの開会式(スタート地点)にお集まりください。
競技詳細 ◆スピードスラローム
  ・ジュニア男子・女子(2002年1月1日以降出生)
  ・シニア男子・女子 (2001年12月31日以前出生)

◆クラシックスラローム
  ・ジュニア男子・女子(2002年1月1日以降出生)
  ・シニア男子・女子 (2001年12月31日以前出生)

※1クラス5名以上エントリーがない場合には他のクラスと統合されます。
昨年の様子 http://school.jilc-event.net/modules/xoopsgallery/view_album.php?set_albumName=albun23
スピードスラローム ●予選レース
 単走にて、スタートゴールともに光電管にてのタイム計測
 参加者全員が2走しベストタイムの上位4名が決勝ラウンドに進出。
 同ポイントの場合はタイムが早い方を勝者とします。

●決勝レース
 2人1組で1走ごとにレーンチェンジし滑走。
 ピストル合図(電子音)から最後のパイロンの先80cmの地点までのタイム
 計測。
 予選1位と4位、2位と3位が対戦し先に2勝した方が決勝戦に進出。敗者同士
 で3位決定戦。

●コース
 助走12m、80cm間隔ミニコーン20個。

●記録
 以下の場合の記録は無効とします。
 ・コーン不通過が6つ以上の場合
 ・ゴールの光電管をフリーレッグで切ってしまった場合
 ・滑走途中で滑走方法を変えた場合
 ・規定以外の滑走方法をした場合
 ・スタート規定を守らなかった場合
 ・プロテクター規定を守らなかった場合
 ・3コーン目を通過する前にワンフットの状態となっていなかった場合
 ・ワンフットの状態となってからゴールラインを切るまでにスケーティング
  レッグ以外のスケートもしくは体の一部が地面に触れた場合

●滑走方法規定
 ワンフット

●プロテクター規定
 ヘルメット、および各箇所のプロテクターは装着を推奨しますが、必須では
 ありません。
 指定のビブスを右ももに着用してください。

●スタート規定
 スターティングボックス(2m×40cm)内に片足を置いて静止した後にスター
 トしてください。
 ラインを越えてスケートを置いてはいけません。

 (予選)
 「オン ユア マーク」で位置につき、5秒以内に自分の好きなタイミング
 で始動してください。
 反動をつけてのスタートも有効です。
 1測定につきフライング2回で無記録となります。

 (決勝)
 「オン ユア マーク」で5秒以内に位置につき、「セット」で静止、
 「ビー」で始動。
 スターターの「セット」の合図の後で動くとフライングとみなされます。
 スタートの姿勢は問いませんが手を地面に付けることはできません。
 ブザー音「ビー」でスタート(計測開始)となります。
 上体が動いていたり、足が静止していない場合、フライングとみなされます。
 (反動を付けてのスタートはできません)
 1測定につきフライング2回で無記録となります。

●コーン不通過
 不通過1つにつき、記録タイムに0.2秒の加算がされます。
 以下の場合はコーン不通過とします。
 ・コーンに触れ、コーンがセンターポイントが見える位置まで移動した場合
  (コーン設置の中心点が判定センターポイント)
 ・コーンを倒した場合
 ・2つ連続で同じ側を通過した場合
 ・コーンの上を飛び越えた場合
 ・1つ目、2つ目のコーンにワンフットにならず進入した場合

●タイム計測方法
 (予選)
 スタートラインの通過(光電管)から、ウィールの先端がゴールラインを通過
 した時点までとなります。

 (決勝)
 スタートの「ビー」音で開始され、ウィールの先端がゴールラインを通過した
 時点までとなります。
 ペナルティーを加算したタイムが発表されます。
 計測器にトラブルがあった場合は、再度チャレンジしていただきます。
 計測器のトラブル以外での再チャレンジは認められません。

クラシックスラローム ●コース
 50cm×20個、80cm×20個、120cm×14個を2m間隔に配置します。
 競技エリアの中でしたら、どの位置から競技をスタートしても構いません。

●競技時間
 105~120秒です。
 音楽が開始されるタイミングで計測を開始します。
 音楽が終わるタイミング、もしくは競技終了のサイン(両腕で×印等)で計測
 を終了します。
 計測中が採点対象になります。
 競技中の時間表示はありません。

●プロテクター規定
 各箇所のプロテクターは装着を推奨しますが、必須ではありません。
 指定のビブスを右ももに着用してください。

●ペナルティの種類
 以下の場合は、ペナルティと判断されます。
 ・コーン間の直線を通過してない箇所がある場合
 ・競技終了時点でのコーンキックによるコーン転倒やコーン移動(コーン設置
  の中心点が見える状態)が発生した場合
 ・転倒やバランスを失うミスをした場合
 ・演技時間の過不足(105秒以下又は、121秒以上)が発生した場合

ペアクラシックスラローム ●コース
 50cm×20個、80cm×20個、120cm×14個を2m間隔に配置します。
 競技エリアの中でしたら、どの位置から競技をスタートしても構いません。

●競技時間
 160~180秒です。
 音楽が開始されるタイミングで計測を開始します。
 音楽が終わるタイミング、もしくは競技終了のサイン(両腕で×印等)で計測
 を終了します。
 計測中が採点対象になります。
 競技中の時間表示はありません。

●クラス
 WSSAルールに基づき採点を行いますが、得点は公表されず、
 順位のみ発表されます。

  本クラスは初の試みなので出場資格は設けておりません。
  お気軽にチャレンジして下さい。

●プロテクター規定
 各箇所のプロテクターは装着を推奨しますが、必須ではありません。
 指定のビブスを右ももに着用してください。

●ペナルティの種類
 以下の場合は、ペナルティと判断されます。
 ・コーン間の直線を通過してない箇所がある場合
 ・競技終了時点でのコーンキックによるコーン転倒やコーン移動(コーン設置
  の中心点が見える状態)が発生した場合
 ・転倒やバランスを失うミスをした場合
 ・演技時間の過不足(160秒以下又は、181秒以上)が発生した場合

ルールブック
※WSSA 2017ルールを適応します。
音楽(BGM)の
提出ついて
音楽データはMP3形式での提出をお願いします。
お手数ですがファイル名を「○○○.mp3」に変更し、info@inlineskate.or.jp
宛に※4月24日(火)までに提出してください。
※○○○には、本名を半角ローマ字で入力して下さい。
注意事項 協会からのメールの送受信について」をご一読ください。
バトルスラロームに出場希望の方は、こちらにメールにてお申し込みください。
info@inlineskate.or.jp
スポンサー
(株)テクニカグループジャパン (株)ネクストワンスポーツプロダクト (株)ネットステーション (資)Kazax (株)K2ジャパン sebaジャパン
toto
toto助成活動ページ